NHK7
NHK『ゆうどきネットワーク』でピアノの指導法が紹介されました。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.04.06

舞曲(ポルカ)

東ヨーロッパから始まって、全ヨーロッパに広まったダンスです。

ポルカ と聞いたら
   速い
   跳ねる
   2拍子
  
必ず出てくるリズムの形もあります。
  タタタン タタタン タンタンタン あるいはタンタタ タンタタ 

演奏する時は
  特徴のあるリズム型を軽快に明快にできるだけ弾んで弾きましょう。

注意することは
  リズムが細かいので、躍動感を出そうとするとテンポが乱れがちになることです。

  テンポを安定させるには、2拍子の波動をよく感じるのが効果的です。
  安定感と躍動感を両立させる「拍子感」を司るのは、主に左手です。

  左手の波動を常に生き生き波打たせることが、良い演奏につながります。

「左手が足のステップ  右手が手拍子」 で、楽しく踊る。
こんな考え方で弾いてみるのはどうでしょうか?
  
スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。