NHK7
NHK『ゆうどきネットワーク』でピアノの指導法が紹介されました。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.03.27

課題曲の約束ごと(歌)

コンクールや検定で演奏する時、楽譜のどこにも書いてないけれど、
必ず守らなけらばならない弾き方の約束ごとがあります。

色々ありますが、今日は「歌」について、

題名に「歌」の字が入っている曲
      小さい歌 ことりのうた スペインの歌 いわし雲のうた 

題名に歌の字はなくても、明らかに「歌」である曲
     大きな栗の樹の下で 

どうやら「歌系」らしいもの
     よぞらにゆれるほし バースデーケーキ ヴェニスの謝肉祭 春

「歌系列」の課題曲、多いですね。
これらの曲は、当然ですが、歌うように弾けるかが、要求されています。

歌うように弾く  とは・・・・大ザっぱに言えば、2つです。
  1、音をなめらかに繋ぐ
       同じ音が続くとき、ハネて弾かない
       
  2、息継ぎを上手くする(観客も一緒に呼吸できるように弾ければ最高)
       息を吸って、弾き始める
       2音の高さが大きく開くとき、息をすって音量を膨らませる
       1つのスラーの中の一番高い音に向かって音量を膨らませ
       音が下がったら静かに納める。
       息を吸って、最後の音を離す

沢山ある「歌」の曲、どんなに素敵な表現でも
「歌の弾き方」を守っていないと、高い評価には繋がらないので注意しましょう。

 
スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。