NHK7
NHK『ゆうどきネットワーク』でピアノの指導法が紹介されました。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016.06.24

D級チャレンジ

6月の白バラ
12日(日)D級エントリーのYちゃんとお母様と3人で
新三郷のA先生のお宅にアドバイスレッスンに伺いました。

ピティナコンペで毎年審査員長をなさっているA先生。
Yちゃん、2回目のレッスンです。

右腕の筋肉に炎症を起こしているYちゃん、
痛みもあり、練習が思うように進みませんが
コンペ前の今日、予定通りレッスンをしていただくことにしました。


D級ともなると、もはや弾く曲は世界の名曲。
演奏技術も、「お子様のピアノ」では太刀打ちできません。
プロと同じ目標のライン上を
ひたすら、行けるところまで追求する。

私自身も全力でチャレンジしていく「演奏」技術の世界です。
10時から2時間半のレッスン。
聴講だけでも、充実感とともに、かなりの疲労感ありです。
先生の熱意に心から感謝です。


レッスンの後、船橋に移動して、船橋2予選。
B級Hちゃんの演奏と入賞を確認したあと、
D級見学です。

午前中のレッスンでA先生がおっしゃっていたことが
まさに目の前で展開されました。
豊かに響く演奏姿勢、
タッチの仕方で音色の変化を付けられるか
構成設計図をはっきり打ち出せるか

う~~ん。
難しいね。
でも、ワクワクやる気がわき上がります。

夜、帰宅後、A先生からお電話。
こちらからする前に頂いてしまいました。
A先生のパワー
見習って、頑張ります。
頑張るって、楽しいです。

でも、なかなか、思い通りには
弾けません。
教えられません。
スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。