NHK7
NHK『ゆうどきネットワーク』でピアノの指導法が紹介されました。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.12.23

読み聞かせ2

お久しぶりです。
しばらくブログさぼってしまいました。

今度の話題は何にしよう?
迷っていたときに、先日一緒に読み聞かせに行った友人から、当日の写真が送られてきました。
感動がよみがえります。

読み聞かせ2
「みなさんおはようございます」でお話に入ると~
当然のことながら、生徒さんのお顔が私の方に向いているんですよね。

「今日はクリスマスのお話をするけれど、クリスマスで一番楽しいのはプレゼントよね?!」
「ウン」「うん」・・・・うなずく顔、顔。
「サンタがねえ~」と自分のことを話し出す生徒さんも。

「胡桃割り人形」は、たぶんみんなよく知っているお話なのだと思うのですが
絵本の絵やお話にイメージを引き出されるのか
し~んと静まり返って、目をキラキラ輝かせて聞いてくれました。

主人公のクララがスリッパを投げて、悪いネズミの王様をやっつけるところでは
「おお~!」と歓声が上がります。

ピアノの演奏も聴いて下さるお客様にイメージを伝えることは、読み聞かせと同じですが
ピアノ演奏者の目は楽器に向いているのに対して
読み聞かせでは、聴き手に面と向かって「言葉」というより明確な手段で働きかけます。

より濃厚なコミニュケーションが読み手と聴き手の間に交わされて
物語をともに体験する一体感が生まれる事をしりました。

素晴らしい体験でした。
ケンショウ炎がひどかった時で、ピアノ弾けなくなるかなあと思ったりしていたので、
ピアノの他にも、まだパフォーマンスの手段はあるんだな、と、元気を貰った体験でした。読み聞かせ
このチャンスをくださった友人と生徒の皆さんに心から感謝です。

ケンショウ炎もだいぶ良くなりました。
スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。