NHK7
NHK『ゆうどきネットワーク』でピアノの指導法が紹介されました。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.10.05

10月のSK

4日(日)10月のSK(スペシャルキッズ・レベルアップレッスン)

私がSKに生徒さんを参加させて2年目
今日のSK、というより、
今日の安橋倫子先生は、今までにない迫力でした。

「今日は覚悟の上」と、いうことで、レッスン時間延長、30分。
延長の時間のほとんどはフラッシュカードを弾かせることに費やされました。
それに加えて、5指ポジションとスケール・カデンツです。

「自分の力で楽譜を読める子に育てたい」
先生の想いがひしひしと伝わってきました。

次回もカードの数は減らさず、「下第2線C~上第2線Cまで」
生徒の1カ月の努力の成果で、レッスン時間延長にならないようにしていきたい、とのこと。

安橋先生は、いつもと同じ、優しい言葉かけでソフトなレッスン展開なのですが、
素敵な、凄まじいばかりに刺激的なSKでした。

教師が「これはどうしても身に付けさせたい」と思うことがあったとして、
そのこだわりの度合いの大きさを、きちんと相手に伝えることができなければ
何も変えることはできないのでしょう。

安橋先生の「こだわり」は、
次のクラスを待たせての「延長30分」という形をとったことで
今までとは違う「非常な重要度」を伝えることができたと思いました。

私は、ぬるいなあ。
いやあ、今日も、またもや刺激的な日です。
刺激、続いてます。
「目覚めよ、という天の声」でしょうかねえ。





スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。