NHK7
NHK『ゆうどきネットワーク』でピアノの指導法が紹介されました。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.08.24

指導者賞授賞式

ニューオ-タニ

今日は指導者賞の授賞式です。

朝、左手親指に切り傷を作ったドジな私は
ピアノも弾けなくて、がっくりして
落ち着かない午前中を過ごしましたが、

気を取り直して、
授賞式の会場ホテルニューオータニへ向かいました。
今日は秋のように爽やかで、
汗もかかずに到着です。
御任1登段


会場はドレス姿の子供たちや着飾った大人たちでいっぱいです。
指導者賞の授与は、式の初めの方で行われ、
並んで登壇して、代表の方が賞状を頂いて、記念撮影。
これで、私の出番は終わりです。

そのあと続く2時間の授賞式
静かにして、大人しく座っていなければなりません。
こういうのは、凄く苦手なのですが、
でも、授賞式には欠席せずに参加することにしています。

授賞式って、
自分の心や体に溜まった「濁り」をお祓いする儀式だと思うんです。
3月からの半年間、生徒さんやご家族の思いを背負い、
ともに汗し、笑顔もあるけれど、涙も見、
自分の力不足を実感させられながら、ひたすら突き進む訳です。

人を傷つけ、自分も傷つきます。
ある小説の中で、こういう心や体の状態を
「禍蛇という鬼が棲む」と言っていました。

そこで、鬼を追い出す「お祓い」が必要になるわけです。
賞をいただき、
ちょっと贅沢にホテルで午後を過ごす「お祓い」です。
ティータイム3ティータイム

大きなケーキを頂き、すっかり「鬼」が落ちました。
風そよぐホテルの庭を散策し、ゆったりした時間を過ごして、
心の柔らかさが戻ってくるように思えました。ニューオータニ庭



スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。