NHK7
NHK『ゆうどきネットワーク』でピアノの指導法が紹介されました。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.08.14

オペラ「蝶々夫人」

私のこの夏の大きなお楽しみ、
「蝶々夫人」のオペラに行く日です。

「演目がイマイチね」と
娘 息子 母の皆に同行を断られて
結局、夫が付きあってくれることになりました。

オペラの前に
会場のサニーホールがあるホテルラングウッドで
ダイエット中の私たちはサンドイッチと珈琲の軽い夕食。
オーケストラ抜きで、指揮者とピアノ伴奏だけの
簡単オペラにふさわしい夕食です。

それでもホテルなので、珈琲のおかわりもでき、
ゆったりと開場までのひとときを楽しみました。

さて会場へ
オペラ お芝居 バレエ・・・・
舞台装置を見るのが嬉しくてワクワクします。
今日の舞台は全体がグレーの色調の中に
桜の枝が何か所にも配置され、
障子に見立てた屏風もあります。
光の中を桜の花びらが静かに舞い降りています。

「蝶々夫人」
物語のあらすじはよく知っっていますが
オペラとして演じられる全曲を聴くのは今日が初めてです。

宝石のような声とはいきませんでしたが
蝶々さんの悲しさに涙がにじんだりして
私の夏休みのお楽しみとしては十分満足な一夜になりました。

仕事の休暇をとったら
「十分に楽しみをしないといけない」と
このごろ切実に思います。

楽しまないと
人間としての「魂の活きの良さ」が保てない気が、凄くするんです。

スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。