NHK7
NHK『ゆうどきネットワーク』でピアノの指導法が紹介されました。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.07.27

こんなにも好きなもの

昨日柴又練習会の帰り道
猛暑の陽射しも陰り、爽やかな夕風が吹き始めた中、
友人の松下先生と新柴又までの道を歩きました。

松下先生、なんとお団子食べながら・・・・・・さっきあんみつも食べたのに!

「御任さん、午前中S.先生のところに行って、午後練習会!良く続くわね」・・・松下先生。

「あなたこそ、午前中レッスンして来たんでしょ?夜もレッスン入っているんじゃないの?」

「どうして私たち、こんなにハードなスケジュール組んで仕事してるのかしらね。」
「いろいろ理由つけてるけど、結局好きでやってる訳よね。」

自分の全力ぶつけて挑んで、
「受かった、落ちた」と結果が出ることって、
きつくても、血沸き肉躍り、夢中にさせられます。

「今まだ、W先生だって、残って特訓してるわね。」
「私たちだけじゃなく、今日本中のピアノの先生皆がんばってっるってことよね。」

「ピアノだけじゃないわよ。野球だって甲子園。
スポーツの人たちも皆、燃え上がってるわけよ。」


「いつから休み取ってない?」
「もうずっと・・・・」


「サマ-コンサート、近づいてるね」
もう、10年以上私たちは夏の終わりに、葛飾区の地区センター祭りで演奏を続けています。

「全然自分の練習出来ない」
「今日のS先生のレッスン、ほんとは自分のためだったのでしょう?」
「全然暗譜できなくて、レッスン行けないもの、生徒さんに変わってもらった方が有効」
「私もエントリー曲、初めの一区切りしか、弾けてない」

今日も朝から仕事して、、、、くたびれて、、、、
それでも、今晩自分の練習をするべき・・・したい・・・でも疲れた、などと
悩む私?私たち?

よっぽど、ピアノ 好きですね。


スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。