NHK7
NHK『ゆうどきネットワーク』でピアノの指導法が紹介されました。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.07.31

グレンツェン予選全員入賞

7月30日 暑いけれど乾いた風の心地よい夏らしい日でした。

グレンツェン千葉地区予選に7名の生徒さんが参加しました。

幼児A・・・・・・・・・・・・銅賞
小学1・2年A・・・・・・・銅賞
小学1・2年B・・・・・・・銀賞  優秀賞  準優秀賞
小学3・4年A・・・・・・・優秀賞
小学3・4年B・・・・・・・準優秀賞

全員入賞 全員予選通過です。
良い響きを作り上げられた人が良い成績を獲得したと感じました。

コンクールは良い勉強になり、受かれば自信がつきますが
落ちれば、とても辛いものです。
全員が入賞して、次のステージに進むことが出来て、本当によかった!

生徒さんとご家族の皆さま、心からお祝い申し上げます。
スポンサーサイト

Posted at 11:34 | 未分類 | COM(0) |
2014.07.30

ピティナ本選に向けて

松下勉強会

7月27日でピティナの予選がすべて終了しました。

予選通過12名
本選への準備を進めています。

7月21日 佐々木恵子・國男ご夫妻のダブルレッスンに3名の生徒さんが参加しました。
       津田沼からバスに乗って、初めて佐々木ご夫妻のレッスン室へ伺いました。
       よそのレッスン室に伺うのは、お宅を拝見するだけでも、良い刺激になります。

7月28日 木暮敦子さんアドバイスレッスンに2名の生徒さんが参加しました。
       木暮さんはヨーロッパで活動中のピアニストですが、たまたま帰国されたので
       新鮮なアドバイスを求めて、生徒さんと一緒に出かけました。

7月29日 スタジオ・ミトー に松下恵子先生をお招きして
       3名の生徒さんがレッスンを受けました。
        また松下門下の生徒さんも2名来室され、
       御任がアドバイスレッスンをさせて頂きました。(写真)
       
       同じコンクールを受ける生徒さん達が集まって、それぞれの演奏を聴いたり
       レッスンを受けているのを見たりするのは、とてもよい刺激になるようです。

       松下先生の生徒さんとはこれまで合同勉強会を何度も開催して来ましたが
       コンクール入賞に、大きな成果を上げています。

コンクール本選出場!
せっかく掴んだチャンスに向かって全力投球して生徒さん達には大きく成長して欲しいです。
また、私も指導力アップのために、このチャンスを生かしたいです。


Posted at 22:49 | 未分類 | COM(0) |
2014.07.17

7月の花

PICT0002.jpg
毎月1回、友人のフラワーデザイナーから玄関ホールに飾る花が送られてきます。

今月の花はとても珍しいものでした。
    どうだんつつじ
    ピペリカムの紅葉
    グリーンの八重の百合・・・ダブリン 
ダブリンは、私は初めて目にした花です。
説明を聞くまでは、百合とは思いもしませんでした。

このフラワーデザイナーは私の中学高校時代の友人で
今、皇室のお花の仕事をしています。

今日も天皇皇后両陛下から三笠宮家へのお花を手掛けたそうです。
もしかしたら、宮家とウチと同じ種類のお花を楽しんでいるのかもしれません。

何はともあれ、新鮮な花を見ると気持ちがすっきり爽やかになりますね。

Posted at 13:46 | 未分類 | COM(0) |
2014.07.09

町内会の当番

今朝は町内会の当番で、
近くの河原塚中学の校門前に立って
登校してくる生徒さん達に「おはようございます」の挨拶をする日でした。

さぞ、暑いだろうなあと思って行ってみたら、
立ち位置はちょうど木陰で、
今朝は涼しい風が吹いていて、爽やかでした。

運動部が門の近くで円陣を組んで、朝連のまとめの会をしています。
生徒に交じって、先生方が車や自転車で登校してきます。

町内会の当番は二人、私とご近所の年配の男性です。
お話しているうちに昔同じ町に住んでいたことがわかりました。

大手の塾のビラ配りをしている人も立っていました。
この人は塾で教えることもしているとか。
塾の先生も大変だなあと思ったりしました。

青空が広がる朝のひと時
いつもとは全然違う人たちと共に過ごしました。
結構新鮮な気持ちになりました。



Posted at 00:27 | 未分類 | COM(0) |
2014.07.05

花を贈る

明日85歳の声楽家がリサイタルを開きます。 私の先生です。

加齢は、身体が楽器の声楽家にとって、ピアニストより遙かに厳しいものだと思います。
それが、85歳でのリサイタル!
心からの奨賛と尊敬の気持ちです。

毎回聴きに行っていたリサイタルですが、
今回は生徒のコンクールと重なっていくことが出来ません。
思いを込めて、花を贈りました。

私が初めて、「音楽会」というものに行ったのが、この方のデビューコンサートでした。
以来ウン十年、お世話になってきました。
音大受験のソルフェージュを見ていただいたり、
ピアノの先生をご紹介いただいたり、
声楽を教えていただいたり
伴奏をさせていただいたり。

出産のときは生徒のレッスンを私に変わってみていただいたこともありました。
生徒の発表会にアドバイザーとしてお越しいただき、
講評を書いていただいたり、歌っていただいたり。

たくさん、たくさんお世話になってきた、長い年月。

この方だけでなく、たくさんの先生方に導かれ、友人や家族に守られ、
生徒さん達に支えられて、
私は今日も幸せにピアノを弾くことができているのだなあ、と、しみじみ思いました。

今日は夕風の涼やかな、日暮れのひと時、静かに考えごとをしました。





Posted at 20:12 | 未分類 | COM(0) |
2014.07.04

花嫁姿でピアノ演奏

子供のころのピアノレッスンって、大人になって具体的に役立つ場面ってあるのでしょうか?

昨日 若い女性が体験レッスンに見えて、
来年のご自分の結婚式にピアノ演奏をしたい、というご希望です。
子供のころのレッスンが、大人になってもピアノへの夢や目標になるって素敵ですね。

花婿さんに内緒で練習して、あっと驚かせたい!!!
いいなあ~と共感しました。
彼女の笑顔が幸せに溢れています。

彼女のチャレンジに心から拍手を贈り、全力でサポートしたいと思いました。    
曲はすでに決めてあり、楽譜もネットでゲット済みでした。

問題は
現在練習楽器が無いこと
弾きたい楽譜は上級向けで、彼女のピアノ経験は小学生時代のレッスンのみ。

これは、なかなか難しい!

あれこれ考えて、思いついた提案は・・・・ 
キーボードをレンタルで借りること。(彼が来たら押し入れに仕舞えるものを借りるそうです)
曲は、カッコ良く決めるために弾くので、そのまま上級楽譜で。
ただし音を省いたり、長すぎる部分をカットしたり・・・無理なく、達成感を得られるように。

素敵な結婚式をむかえられますように。 




Posted at 10:38 | 未分類 | COM(0) |
2014.07.03

コンクールシーズン開始

6月28・29日の週末
グレンツエン全国大会に3人・ピティナ予選(越谷)に11人の生徒さんが出場しました。

全員の演奏を聴きに行って応援したいのはヤマヤマですが、体はひとつ。
全国大会はこれでコンクール終了
予選は2回エントリーできるので、今回の演奏経験が次に生かせます。

ピティナの方に行くことに決めました。

自分が弾くわけでもないのに、とても緊張します。
着て行く服とかも、元気が出るようなのがいいけれど、これ着てった時は生徒が落ちたし、とか
関係ないのに迷ったりして、、、、今回はバッグを赤にしてみました。

生徒さんの演奏は、本番の舞台に上げてみると、
いつもとは一味違ったその子その子の持ち味が見えて、新鮮でした。
緊張の中で最大の集中力を発揮している姿は、何にも増して輝いています。

結果は・・・・・
    ピティナ予選は優秀賞5人・奨励賞3人・落選3人
    グレンツエン全国大会は準優秀賞2人・奨励賞1人

もっともっとセンスと指導力を磨いて、生徒さんとご家族の笑顔をたくさん見たい!と心の底から思いました。
まずは来週の5人と全力で1週間のラストスパートをかけます。




Posted at 08:16 | 未分類 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。